金のピアノ

シーマーの地域貢献「ストリートピアノ」

音楽の街・浜松のブランディングと街中活性化へ向けた地域貢献として、「金のストリートピアノ」を設置するイベントを開催しています。

イベントでは、内装タイルカーペットと植物・インテリアオブジェのコーディネートにより「森」をイメージしたナチュラルで心地のいい空間を演出しました。

どなたでも気軽に弾いていただけるよう「金のストリートピアノ」を設置し、小さいお子様から大人の方まで様々な方が、ピアノを演奏してくださいました。

会場には、カフェ・軽食などの出店もあり、多くの方がピアノの音色を聴きながら、街中でのひとときを楽しんでいただける空間となりました。 コロナ渦で閑散としがちだった街中に、音楽をきっかけに自然と人々が集い、心と心が繋がるあたたかい空間を提供することができました。

「金のピアノ」は、約50年前に河合楽器製作所様にて特別な依頼のもと、金色に製造されたものですが、当時のことを詳しく知っている方はもういないようです。

リニューアル開園したこども園一葉学園 遊歩の丘みなみプレスクール(浜松市南区新橋町)様のリノベージョン工事をさせていただいた際、当社代表取締役の嶋俊輔が一目惚れし、理事長様のご厚意で「是非大事に使ってほしい」と特別に寄贈していただきました。 かつては、多くの園児達のなかで演奏されていた歴史のある古いピアノが、ストリートピアノとして、再び人と人の心を繋いでくれる音楽のシンボルとして生まれ変わりました。

関連する記事